「日々の言葉」プラス

私を育ててくれた言葉や、気になる言葉、日々のちょっとしたことを書いていきます

お知らせ

いつも拙いブログを読んでいただき、深くお礼申し上げます。 実は、手が回らなかった実生活が大幅に滞ってしまっていて、そちらに注力することが、今は優先事項と判断しました。 そのため、しばらくの間、ブログは休ませていただきます。 どうぞ皆さま、良い…

言葉(18)・・「まるむし帳」より

今日は「ちびまる子ちゃん」でおなじみの、さくらももこさんの「まるむし帳」から詩を3つお届けします。

言葉(17)・・これが人生

私は整理整頓されている状態が好きです。 しかし頑張って片付けて「よし!」と満足するものの、数日でまた元の木阿弥です。

あれこれ・・てるてる坊主

今日は全国的に雨のところが多かったようですが、ここも降水確率80%で傘が手放せませんでしたが、桜の花を見にいきました。

あれこれ・・12月の朝顔

今日から12月ですね。 今日、あの遅咲きの朝顔の道を通りました。 このところの冷え込みを思い、まだ咲いていてくれるかなぁ、、、と。

言葉(16) ・・動物のはなし

今日は、動物の話です。 ネコはお好きでしょうか?

言葉(15) ・・子どもについて

今日も前回に引き続き、ジブランの言葉をご紹介します。

言葉(14) ・・結婚について

今日は、カリール・ジブランの散文詩「預言者」から。 カリール・ジブランは、レバノンの詩人・哲学者・画家です。

あれこれ・・今日の朝ごはん

今日はいつもより豪華です。 「寄せ豆腐」の冷や奴が増えています。

言葉(13)・・冬に魅せられて

高村光太郎は冬をうたった詩をいくつも書いていますが、「冬の詩」の最後はこうして終わっています。

言葉(12)・・損害を受けたと思うとき

きょうの言葉は、マルクス・アウレリウスの「自省録」から3回目です。 2つをお届けします。

あれこれ・・公園で

秋が好きです。 秋が来ると毎年にんまりします。 高い空。 さらっとした空気。そして紅葉。

言葉(11)・・何をしたらいいのかわからないとき

前回に続いて、今日も池谷直士さんの著書からです。 自分が何をやってよいのかわからないときこそ、他人のことを手伝う

言葉(10)・・ 助けてくれる人くれない人

「こう考えれば、もう少しがんばれる・・どんな場合でもめげない考え方の習慣」 という本を書かれた池谷直士(いけやなおひと)さんは, 脊髄性筋萎縮症という難病を抱えておられる心理カウンセラーです。

あれこれ・・11月の朝顔

久しぶりに通った道で、遅咲きの朝顔に出合いました。 枯れ草の上に、濃いピンク色の小ぶりの花が、あちこちに咲いています。