「日々の言葉」プラス

私を育ててくれた言葉や、気になる言葉、日々のちょっとしたことを書いていきます

ブログ終了のお知らせ

「日々の言葉プラス」は、都合により終了させて頂きます。 いままで読んでくださいまして、心よりお礼申し上げます。 ありがとうございました。

言葉(18)・・「まるむし帳」より

今日は「ちびまる子ちゃん」でおなじみの、さくらももこさんの「まるむし帳」から詩を3つお届けします。

言葉(17)・・これが人生

私は整理整頓されている状態が好きです。 しかし頑張って片付けて「よし!」と満足するものの、数日でまた元の木阿弥です。

言葉(16) ・・動物のはなし

今日は、動物の話です。 ネコはお好きでしょうか?

言葉(15) ・・子どもについて

今日も前回に引き続き、ジブランの言葉をご紹介します。

言葉(14) ・・結婚について

今日は、カリール・ジブランの散文詩「預言者」から。 カリール・ジブランは、レバノンの詩人・哲学者・画家です。

言葉(13)・・冬に魅せられて

高村光太郎は冬をうたった詩をいくつも書いていますが、「冬の詩」の最後はこうして終わっています。

言葉(12)・・損害を受けたと思うとき

きょうの言葉は、マルクス・アウレリウスの「自省録」から3回目です。 2つをお届けします。

言葉(11)・・何をしたらいいのかわからないとき

前回に続いて、今日も池谷直士さんの著書からです。 自分が何をやってよいのかわからないときこそ、他人のことを手伝う

言葉(10)・・ 助けてくれる人くれない人

「こう考えれば、もう少しがんばれる・・どんな場合でもめげない考え方の習慣」 という本を書かれた池谷直士(いけやなおひと)さんは, 脊髄性筋萎縮症という難病を抱えておられる心理カウンセラーです。

言葉(9)・・どっちが大事ですか

きょうは、脚本家の倉本聰(くらもとそう)さんの言葉です。 あなたは文明に麻痺(まひ)していませんか。 車と足はどっちが大事ですか。 石油と水はどっちが大事ですか。 知識と智恵はどっちが大事ですか。 批評と創造はどっちが大事ですか。 理屈と行動は…

言葉(8)・・つきのひかり

きょうは、まど・みちおさんの詩です。 ひらがなは、どうしてこうも、やわらかなんでしょう。

言葉(7)・・ただ寄り添って

今日は、茨木のり子さんの詩です。

言葉(6)・・全て善し

今日は、画家であり詩人の葉 祥明(よう しょうめい)さんの「Message of Life やすらぎ」からの言葉です。

言葉(5)・・「風」「芋」「猫」

今日は、高橋新吉の詩を5編ご紹介します。 中原中也が、最も敬愛した詩人と言われています。